暮らし

家賃にお金をかける人って!?心理と生活の質への影響を解説

高い家賃を払う人の心理はこちら。

・人を呼びやすくなる、呼びたくなる

・広くて綺麗だと心に余裕が生まれる

・防犯設備がしっかりしているので安心して暮らせる

・騒音に悩まされない

 

この記事では

・高級な部屋に住みたいと思う人の心理

・家賃で生活の質は変わるのか

・部屋選びで大切にするべきこと

などについて詳しく紹介しますので、良かったら参考にしてくださいね。

 

家賃が高いのは無駄?高級な部屋に住みたいと思う人の心理

高い家賃を払うことをどう感じるのかは、人それぞれです。

高い部屋に住むことでたくさんのメリットを感じる人には、決して無駄ではありません。

 

高級な部屋に住む人の心理はこちら。

・人を呼びやすくなる、呼びたくなる

・広くて綺麗だと心に余裕が生まれる

・防犯設備がしっかりしているので安心して暮らせる

・騒音に悩まされない

 

これらをメリットと感じる人には、高い家賃を払っても無駄遣いにはならないのです。

一つずつ見ていきましょう。

 

人を呼びやすくなる、呼びたくなる

高級な部屋に住んでいたら、人を呼びたくなりますよね。

逆に、人には見せられないような部屋に住んでいたら、呼びたくても呼べない場合が多いと思います。

 

高級な部屋を選ぶ人は、友達の多い人、人を招くのが好きな人が多いかもしれませんね。

 

広くて綺麗だと心に余裕が生まれる

部屋が広いと解放感があり、心にも余裕が生まれます。

新しくて綺麗だと掃除しがいもありますよね。

綺麗に保とう、散らかさないようにしようと努力もする気になります。

 

部屋が狭いと窮屈に感じたり、収納がなくて物が溢れて片付けられなくなる可能性もあります。

建物が古いと、どんなに掃除をしても汚れがとれないこともあるので、もう綺麗にしなくてもいいや…なんてマイナス思考に陥る可能性もあります。

 

防犯設備がしっかりしているので安心して暮らせる

オートロックや管理人がいると、防犯面で安心できます。

異常があれば、警備会社が直行してくれるという物件もあります。

 

直接ピンポンを押されたくない、セールスが嫌という人にもメリットです。

宅配ボックスやコンシェルジュなどがいれば、荷物も対面で受け取る必要がなくなります。

 

安い部屋だと、鍵がちゃちなものでピッキングに遭ったり、柵や格子がなくて簡単に外から侵入される可能性もあります。

女性の一人暮らしなら、特に注意したいポイントですよね。

 

騒音に悩まされない

高級な部屋だと、建材や壁がしっかりしているので周りの騒音はあまり気になりません。

安い部屋だと壁が薄いため、周りの生活音が丸聞こえだったり、睡眠を邪魔される可能性もあります。

 

音が全く気にならない人にとってどうでもいいかもしれませんが、自分の出す音で周りとトラブルになる可能性があることも忘れないようにしましょう。

 

家賃で生活の質は変わる!?部屋選びで大切にするべきこととは?

家賃で生活の質は変わります。

 

家賃の高い部屋に住めば

・防犯面

・騒音

・心の余裕

 

これらの質は向上します。

 

家賃が高ければ、防犯面はしっかり守られるようになります。

「泥棒に入られそうな部屋でも平気だよ~」という人はあまりいないと思うので、これは万人にとってメリットになるでしょう。

 

壁や建材のしっかりした部屋に住めば、騒音に悩まさせれることも少なくなります。

ただし、駅前の便利な場所なら、外からの騒音があっても家賃は高いです。

家賃が高いと全ての部屋が静かになるわけではないので、気を付けてください。

 

高級な部屋に住めば、部屋を綺麗に掃除して人を呼びたくなったり、広々した空間で生活することで心に余裕は生まれやすくなります。

しかし、全ての人に当てはまるわけではありません。

 

高すぎる家賃は、生活を圧迫してしまい、食費や交友費を削ることになり辛くなる場合もあります。

 

部屋を決める時は、自分の大切にしたいことを箇条書きにしましょう。

駅近、静か、防犯面など、何を重視するかをしっかり考えておきましょう。

 

その条件をクリアした物件の中から、自分の手取り収入1/3ぐらいまでの家賃のものを選ぶといいでしょう。

 

まとめ

高い家賃を払う人の心理はこちら。

・人を呼びやすくなる、呼びたくなる

・広くて綺麗だと心に余裕が生まれる

・防犯設備がしっかりしているので安心して暮らせる

・騒音に悩まされない

 

高い家賃を払えば、防犯面の充実、静かに暮らせるなど、生活の質も向上します。

ただし、高すぎる家賃は食費や交友費を圧迫し、逆に苦しくなってしまう可能性もあります。

 

部屋を選ぶ時は、自分が大切にしたいことと家賃のバランスを考えながら決めるようにしましょう。