暮らし

2人入居は家賃が上がる!?借りる前に知っておくべきルール

二人入居するから、家賃が上がるということはありません。

ただし、二人入居可の物件は、オーナーにとってリスクが高いため、家賃は高めです。

 

二人の入居時期がズレても問題はありませんが、詳しい契約方法については物件やオーナーによって異なります。

信頼できる仲介業者に調べてもらい、失敗や後悔のない物件選びをしましょう。

 

この記事では

・2人入居は家賃が上がるのか

・2人入居の手続きやルール

などについて詳しく紹介しますので、良かったら参考にしてくださいね。

 

2人入居は家賃が上がるの?安心して過ごすための知識

2人入居すると家賃が上がる、ということはありません。

例えば、月5万のアパートに同棲しても、二人だから月10万にはならないので安心してください。

 

ただし、2人入居可の物件は、家賃が相場よりも高め、審査も厳しいと言われています。

2人入居について、詳しく見ていきましょう。

 

まず、「2人入居可」とはどのようなものなのか、紹介します。

物件には、「単身」「2人入居可」「ルームシェア可」などの条件があります。

 

「単身」物件には、もちろん2人以上住めません。

同棲も禁止、もし秘密で同棲できたとしても、バレたら即退去もしくは契約更新ができなくなります。

 

「ルームシェア可」物件なら、恋人、友人、会社の同僚などと住むことが可能ですが、「2人入居可」は少々厄介です。

 

なぜなら、「二人」とは子供のいない夫婦や兄弟など、肉親を指している場合があるからです。

この場合、結婚前の恋人では入居NGになってしまうことがあります。

 

もちろん、恋人や友人も含めた「二人入居」を認めている場合もあります。

そのため、「二人入居可」と表記されていても、仲介業者や物件のオーナーには、必ず恋人でもOKか問い合わせてから検討するようにしてくださいね。

 

では、なぜ「二人入居可」の家賃が高く、審査が厳しいのでしょうか?

理由は簡単です。

 

恋人同士なら、別れる可能性があるからです。

 

別れると高額な家賃が払えなくなってしまい、滞納される恐れがあるからです。

また、片方だけが契約者の場合、別れて契約者の方が家を出て行ってしまうとトラブルに発展する恐れもあります。

 

単身やファミリーよりもリスクの高い二人入居。

 

「本当にこの人達に貸して大丈夫なのか?」

家賃を高くすることで気軽に二人入居をさせないようにして、借りる人達をふるいにかけているのです。

そのため、家賃もやや高めに、審査も厳しく行っているのです。

 

ただし、二人で住むから家賃が倍になるということはありません。

ないとは思いますが、契約前に仲介業者に「この家賃は一人ずつの金額ではないですよね?」と聞いておけば、安心でしょう。

 

部屋の広さや部屋数に応じて家賃も高くなるので、二人の収入に見合った家を探してみてくださいね。

 

2人入居可って後から入居して大丈夫?手続きやルールについて解説

二人入居するのに、入居時期がズレても問題はありません。

契約する時に「○○頃もう1人入居予定です。」と伝えておきましょう。

 

手続きについては、物件やオーナーごとに異なるため、指示を待ちましょう。

仲介業者やオーナーから、やるべき手続きについて案内してくれます。

 

手続き関係で注意してほしいことが1点、契約者と保証人についてです。

2人入居の場合、3つのパターンがあります。

 

  1. 1人だけが契約者で、保証人も本人分だけでOKの場合
  2. 1人だけが契約者で、保証人は本人と同棲者の二人分必要な場合
  3. 2人がそれぞれ契約者となる場合

 

契約の仕方、保証人の立て方も物件やオーナーごとに異なります。

 

自分達の借りる物件はどうなっているのか、よく確認してくださいね。

保証人の準備ができてなくて、審査が通らなかった…とならないように、早めに準備しておくようにしましょう。

 

2人それぞれが契約者となる場合、後から入居する人はいつ契約するのかも聞いておくようにしましょう。

 

契約については、オーナーと直接話すよりも、仲介業者を通すことが多いです。

仲介業者も信頼できる所なら、オーナーにこまめに問い合わせてくれたり調べてくれます。

 

もし「全然調べてくれないな…不親切だな…」と思うなら、違う仲介業者にかえるのもOKです。

後悔や失敗のないように、色々調べてから物件を決めてくださいね。

 

まとめ

二人入居するから、家賃が上がるということはありません。

ただし、二人入居可の物件は、オーナーにとってリスクが高いため、家賃は高めです。

審査も厳しいため、保証人などの準備もしっかりしておきましょう。

 

二人の入居時期がズレても問題はありませんが、詳しい契約方法については物件やオーナーによって異なります。

1人だけが契約者、2人とも契約者になる場合もあります。

 

信頼できる仲介業者に調べてもらい、失敗や後悔のない物件選びをしてくださいね。