暮らし

車の中で食べやすいお弁当って?子供に大評判のおすすめレシピも!

小さい子供連れでドライブや家族旅行に出かける際、車の中でお弁当を食べる時におすすめなのが「片手で食べられるもの」「一口サイズのもの」です。

 

車の振動や揺れでこぼれたり、車や衣服を汚してしまうものは手軽に食べるには適していません。

 

運転手や、子供に気を配りながら食べる親にとっても、パパッとつまんで食べられるものが良いですよね。

 

また、子供がぐずってしまったり、お腹がすいてお弁当まで待ちきれない時のために、手軽に食べられるお菓子を準備しておくことも大切です。

 

この記事では、

・車の中で食べやすいお弁当(子供にも食べやすいレシピを公開)

・車に置いておけるお菓子のおすすめ、選び方のポイント

についてお伝えしますので、子連れドライブや車での家族旅行をお考えの方は是非参考にしてみてくださいね。

 

車の中で食べやすいお弁当とは?子供も食べやすい大好評レシピも!

車の中で食べるなら絶対に「片手で食べられるもの」「一口サイズのもの」がおすすめです。

 

片手で食べられる代表的なものは、おにぎりやラップサンド、人気のホットサンドなどがあります。

手を汚さず、ぽろぽろとこぼれにくいものが食べやすいでしょう。

 

中身の具を工夫することでバリエーションも豊かになりますし、どれがいいかな?と会話をしながら選んで食べることが出来ます。

 

お弁当の定番であるサンドイッチは、食べる時にサイドから具がこぼれてしまうので車内で食べるには適していません。

ですがホットサンドにしてしっかりサイドをくっつけていれば安心ですよ。

 

同じく、一口サイズのおかずも一緒につまめると嬉しいですよね。

 

ウインナーや卵焼きはお弁当の定番おかずで、手が汚れず、車内で食べるにも適しています。

ゆで卵なら鶏卵からうずら卵に変えたり、春巻きはミニサイズにするなど工夫することで食べやすくなります。

 

一口サイズのころころしたおにぎりやおいなりさんをいくつか準備しておけば、子供もテンションが上がること間違いなし。

おかずで彩りも添えて、車内でも楽しく過ごしましょう。

 

注意点として、ソースがかかったものは手や車を汚しやすいので避けた方が無難です。

匂いが強いものも、車内で食べる時は気をつけた方が良いかもしれません。

 

また、串物やピックを刺したものは、車内で食べるときは危険があるので避けましょう。

 

梅干しの種、ミニトマトのヘタなどは先に取っておくとゴミにならず済みます。

 

車に置いておけるお菓子のおすすめは?選び方のポイントも!

子供がぐずってしまった時や、小腹が空いた時にさっと食べさせるお菓子も準備しておきましょう。

ずばり一番のおすすめは、「たべっ子どうぶつ」など、小分けの袋に入った一口サイズのクッキーです。


ギンビス たべっ子どうぶつ バター味 (6パック入) まとめ買い×2袋セット

 

一口で食べられるものであれば、食べこぼしも少なくて親もストレスになりませんよね。

大袋だとついたくさん食べてしまったり、余った時に保管に困るので小分けのものを選びたいですね。

 

クッキー類はお腹に溜まるので、満足感も得られていいですよね。


【Amazon.co.jp限定】 江崎グリコ 【セット商品】ビスコ大袋(2種×3袋) アソートセット

 

グミやチョコレート、くだもの、アイスを欲しがる子供も多いと思いますが、車内は高温になることもあるため、生のものや溶けるものは適していません。

 

その他にはラムネも車に常備しておくのにぴったりです。

お腹はふくれませんが、小さなお子さんでも手軽に食べることができるのでおすすめですよ。


カクダイ クッピーラムネ (1箱には10g入り小袋30袋入り)

まとめ

子供と一緒に車の中でお弁当を食べる時にはぜひ、「片手で食べられるもの」「一口サイズのもの」を基準に用意して下さい。

 

気にせず好きなものを食べたいかもしれませんが、食べこぼしにストレスをためたり、車や服が汚れて怒ったりするより、楽しい旅行にする方が大切です。

凝った盛り付けや飾りも必要ありません。ゴミを少なくし、手軽に食べられるようにすることが一番です。

 

またおやつについては、子供にとっては単なるおやつではなく補食としての意味もあります。

子供の好き嫌いも考えつつ、栄養や食べる量などにも気をつけてあげることが出来ればさらに良いですね。

 

今回はドライブや旅行を目的にしていますが、子供の送り迎えのご飯などにも使える内容となっています。

是非参考にしてお弁当を作ってください。